top of page

全社データ基盤統合プロジェクト

社内に眠っている各種データを活用するための基盤・ダッシュボードの開発事例

株式会社プログリット


株式会社プログリット様

 


課題/お問い合わせ背景

  • データ基盤が統合されていないために、様々な問題が社内で起きていた

    • 各種資料に必要なデータ集計が毎度手作業で行われているため、作業工数がかかる上にスピーディな意思決定ができない

    • 事業横断的なデータ分析に工数がかかるため、会社全体での最適化がうまくできていない

    • ネイティブアプリを開発しているが、各種DBが紐付いておらず蓄積されているデータを十分に活用できていない

  • 今後の運用負荷を考慮し、できる限り実装部分はビジネスサイド・アナリストでも対応できるような設計にしておきたい

  • 本格的なデータ基盤の構築は初めての試みだったため、インフラや技術選定、運用面含めた全体設計に携わり、一緒にプロジェクトを進行してくれる外部パートナーを探していた

ポイント

堅牢かつ運用しやすいアーキテクチャ設計


個人情報の取り扱いやインサイダー情報の統制、監査対応など、一定のセキュリティや権限管理の設定ができるようにしつつ、仕組みが複雑にならないよう配慮したアーキテクチャ設計・開発を実施。

データ活用促進と人的工数削減の両方を叶えるダッシュボード構築


経営会議や事業戦略策定、アプリ運用など様々な用途を兼ね備えた、リテラシーを問わず使いやすいダッシュボードを設計。運用負荷をなるべく軽減できるようなツール選定もサポート。

3ヶ月半での短期構築



基礎となるデータ基盤のインフラとパイプライン、可視化のためのダッシュボードの構築を3か月半で終える必要があったため、Hakkyのナレッジを活かして短期間でガバナンスの効いた基盤の開発を実現。


事例の詳細

株式会社プログリット事例 詳細

3ヶ月半の短期間でデータ基盤とダッシュボードの両方を完成させるため、以下メンバーでプロジェクト体制を組み、週に一度の定例を開催し、プロジェクトボードをもとに進行を行いました。

  • プログリット様

    • マーケティング担当:1名

    • エンジニア担当:1名

  • Hakky

    • プロジェクトマネージャー:1名

    • インフラエンジニア:1名

    • データエンジニア:1名

    • データアナリスト:1名



①堅牢かつ運用しやすいアーキテクチャ設計

今回、ほぼまっさらの状態から新たにデータ基盤を構築する上で、以下が技術選定の際にポイントとなりました。

  • 上場企業のため、監査対応やインサイダーの発生に注意を払った基板設計である必要があること

  • 但し、データ基盤に割けるエンジニアリソースが潤沢ではないため、可能な限り運用負荷を押さえること

これらを踏まえ、インフラとデータパイプラインのそれぞれで以下の判断を行いました。

  • インフラ:Terraformをベースに構築

    • セキュリティなどを考慮して硬く作る必要があるが、今後の拡張を見据え、Terraformで開発することで変更の際の属人化を防止することが可能に

  • データパイプライン:SaaSを積極活用

    • エンジニアリソースをあまりかけずに運用できるため


システム構成イメージ

また、BIツールについては元々Tableauを使用されていましたが、今後全社的にデータ活用促進を行っていくために総合的に判断を行った結果、中心に据えるツールとしてはLooker Studioを採用し、一部、従来の作業の継続性を担保するためにTableauも平行利用を続ける意思決定を行いました。


BIツール比較


このようなツール選定の際、どうしてもコスト観点の判断が優位に立ちがちですが、そこだけで判断をしてしまうと利便性や作業効率を落としてしまうことに繋がるケースも多々あります。

ケースバイケースですが、今回はTableauとLooker Studioの両方を活用シーンに分けて採用する判断を、プログリット様と議論を重ねて結論を出しました。



②データ活用促進と人的工数削減の両方を叶えるダッシュボード構築

元々社内の様々な会議等でデータの利用・分析は行われていたものの、利便性を高め更なるデータ活用の促進を行うために、あらゆる社内のデータソースをGoogle CloudのBigQueryに連携しました。


ダッシュボード構成

■作業のポイント

  • 個人情報を含むカラムを精査、マスキング処理を施してデータ連携処理を開発

  • 毎回手作業で対応しているレポート用のデータ集計をBIツールで定常的に可視化できるようにすることで、作業工数を削減

  • 主導管理のデータはGoogle Spreadsheetに集約し、サービスやセールス、広告データと紐づけて分析できるように連携



③3ヶ月半での短期構築

限られた期間内に全ての作業を完了させるために、Hakkyのアセットを最大限活用したDMBOKベースのデータ基盤構築をGoogle Cloudで実践しました。

DMBOK

Hakkyの内部で蓄積しているデータ基盤構築に関するアセットとして、IaC(Terraform)のコードをベースに「組織ポリシー・権限管理・監査ログ・脅威検出・予算アラート」の設計・開発を行い、短期間でガバナンスの効いたデータ基盤のインフラを構築しました。

Hakkyの強み


今後の展望


今回のプロジェクトを経て、まずはデータ基盤の基礎となるインフラや技術選定の部分が完了し、一番優先度の高かったダッシュボード構築も完了したため、社内でのデータ活用促進を開始するための土台が完成したといえます。

今後は、実際に業務利用を開始して、全社的にデータ基盤・ダッシュボードをフル活用できるよう利用促進を行っていくとのことです。



 

編集後記


データを管理する上で、どうしても手作業に頼ってしまい運用の見直しをするタイミングもなく、作業者の負荷が高くなってしまっているケースは多々あります。

今回はプログリット様とのお取り組みを通して、Hakkyならではの文化をベースにしたドキュメント作成やアセットを最大限活用する形で、短期間でもガバナンスの効いた基盤の開発を行うことができた案件となりました。

普段からさまざまなデータソースやエクセルを使った定常業務をされている会社様は、データ基盤を正しく構築しなおすことで工数削減および分析の質を高めることができる可能性があります。ぜひ、お問い合わせください。


株式会社Hakky ChatGPT

 

株式会社プログリット様ご紹介


「世界で自由に活躍できる人を増やす」をミッションに、本気で英語力を身につけたい方をサポートするサービスを提供。短期間で英語力を伸ばす英語コーチングサービス「プログリット(PROGRIT)」を主軸とし、シャドーイングに特化したサブスクリプション型英語学習サービス「シャドテン(SHADOTEN)」も展開しています。2022年9月、創業6年で東証グロース市場上場。

株式会社プログリット





最新記事

すべて表示

大規模言語モデルを活用したカスタマーサポートチャットボットシステム構築

自社独自のデータを活用したオリジナル応答システムの構築とLLMOpsの内製化 オーエムネットワーク株式会社様 課題/お問い合わせ背景 自社サービス「R-Shift」導入店舗の拡大に伴い、利用方法等の問い合わせは一度本部に集約してルールベースのチャットボットを用いて対応しているため、実際のエンドユーザー様(店長など)の個別サポートが十分にできていなかった。 オーエムネットワーク株式会社(以下、OMN

生成AIを用いた「コンテストの応募魅力度」評価システム開発

OpenAIの大規模言語モデルを活用した開発事例 株式会社公募ガイド様 課題/お問い合わせ背景 「デジタル技術で「募集」も「応募」もより便利に楽しい”公募DX”」の実現を目指して、事業強化を図っている。公募の楽しさをユーザーに伝え、コンテスト業界を活性化させていきたい。 AIによる自動評価により、評価が高い公募をおすすめとして掲載するなど、サイト上の付加価値を向上させたい。 担当者数名で公募情報の

テレビ制作現場向けのデータ分析チャットボットの開発

OpenAIの大規模言語モデルを活用した開発事例 株式会社データスタジアム様 課題/お問い合わせ背景 これまでも自社開発の様々なツール提供は行なってきているものの、より簡単に分析をできるような仕組みを検討されており、またデータ基盤と大規模言語モデルの掛け合わせでの価値提供にご興味があり、Hakkyのセミナーにご参加いただいた テレビ局様とのお取り組みの機会があり、野球に関するデータをチャットボット

コメント


bottom of page